Search

査委員会の設置を発表した。学科が協力します。これは学問詐欺に関連するだけでなく、資金の所在が不明な場所や違法な文化遺産の密輸など、多くの問題にも関係しています。

しかし、警視庁は商務繁行を逮捕できず、昨夜の狂気の振る舞いで精神病院に急行され、当面は監視と治療しか受けられない。

そんな大スキャンダルの後、当事者全員が一生懸命対応し、桜島テレビも例外ではなく、取締役会で激しく議論した後、謝罪会が開かれた。

開けないとテレビ局が1分遅れて放送事故と認識される時代です。プログラムのおかげで重田は全国の人々に知られるようになりました。今、外の世界には多くの疑問があります-桜島テレビはわざとじゃないですか、それともバカですか?

故意の自然の罪は非常に悪ですが、単純な愚かささえ許されず、今、日本は世界中で笑い、責任の半分以上を負わなければなりません!

とにかく、桜島テレビもだまされたかどうかにかかわらず、これは間違いなく非常に深刻な放送事故です。番組のプロデューサーとして、前田利仁は300人以上の記者に公然と謝罪し、重田の詳細を真剣に検証せずに責任を果たさずに制作したことは非常に悪い影響を与え、非常に遺憾に感じた。

彼の表情はとても穏やかで、とても礼儀正しく、力強く見え、間違いを認める態度は誠実でしたが、それでも人々は不満を抱いており、重田は精神的に病気で、精神病院から引きずり出す方法がありませんでした。桜島テレビ局の責任者、それからスケープゴートになるために特別なエージェントを投げるだけ?

そんなことがあるものか!

政府機関も満足していません。主な理由は、彼らがだまされたということです。政府は無能で愚かで、ポットを取り除くように努めなければならないようです。さて、あなたは桜島テレ西安桑拿论坛ビのせいにすることしかできません。桜島テレビの控えめな表現を受け入れることは不可能です。死体から出た役人や国会議員たちが明かしたり秘密の発言をしたり、桜島テレビを信用しすぎて騙されたり、重田の共犯者だと思います!

活発なボイコットがインターネット上で開始され、わずか24時間で5万人を超え、多くの新聞は桜島テレビに責任感がなく、誠意をもって謝罪していないことにも同意しています。

3日目になると桜島テレビは耐えられなかった。その主な理由は、取締役会の意見を統一できないことです。強硬な態度をとる人もいれば